訪販ニュース 社説集・・・・・

社説 特商法執行、コロナ前の水準に
社説 懸念される大小の影響
社説 フリーランス新法、業界は関心を
社説 DX推進こそ「次の一手」
社説 独立型の自主規制機関、日本での見込は
社説 問われるサロンの活用法
社説 行政の差止申立権、検討の行方は
社説 舵を切ったポーラの戦略
社説 業界の被災地支援、継続への期待
社説 リアル施策の転換期
社説 電子化実態調査 DS業界の声、反映した見直しを
社説 2つの大きな課題
社説 続く物価高、苦慮するDS業界
社説 試金石の年となるか
社説 開業規制調査、消費者庁の本気度は

2023

社説 つながりこそ不変の強み
社説 不招請勧誘、「裾切り」案の違和感
社説 新しいサロンのあり方
社説 格安SIM連鎖、問われる指導責任
社説 増える「ジェンダーレス」訴求
社説 機能性表示 MLMの活用、さらに進むか
社説 「価値観の多様化」にカギ
社説 「電子化」実態調査 訪販、連鎖を「除外」の理不尽
社説 「見せる施策」の到達点
社説 FTCが敗訴 「最終消費」めぐる判断に一石
社説 多様化する顧客接点
社説 ステマ規制、DS業界も要注意
社説 高付加価値で需要開拓
社説 必要なのか、「書面電子化」監視予算
社説 需要多様化を追い風に
社説 値上げラッシュ、業界は苦悩の判断
社説 コアユーザーの掘り起こしこそ
社説 インボイス、10月開始は無謀
社説 「次のステップ」への移行こそ
社説 書面の電子化 使い物にならず、今すぐ見直しを
社説 独自性の訴求こそ
社説 特商法の執行 必要か、KPIに「被害推計額」
社説 「ジェンダー平等」施策の効果
社説 訪販協の「基金」、迅速救済のための見直しを
社説 「見せる施策」の体現
社説 電気・ガス訪販の処分 マーケット荒らす大手、猛省を
社説 機運の高まりに期待
社説 書面電子化 メリット骨抜き、活用は困難
社説 多様性重視の施策こそ
社説 当面は見送りか、特商法改正
社説 接点多様化で利便性向上を
社説 アムウェイが是正策、カギ握る「紹介カード」
社説 細やかなニーズ獲得こそ
社説 〝お墨付き〟問題再び、問われる法運用
社説 さらなる構造改革へ
社説 くすぶり続ける「5年後見直し」の火種
社説 「次の一手」はDX推進ありき
社説 じわり「再値上げ」、各社が転嫁に苦慮
社説 双方向性の施策こそ
社説 「明瞭」「平易」要件、明快な指針を
社説 〝アフターコロナ〟の需要獲得を
社説 遅れた給付、「救済基金」の見直し急務
社説 細分化する需要への対応
社説 インボイス制度、強行は許されない
社説 〝アフターコロナ〟見据えた1年に
社説 コロナ禍とDS市場 回復の道のり、依然険しく
社説 施策の多様化に期待
社説 書面の電子化 消費者庁が方針急変、再び紛糾も

2022

社説 リアル・デジタルの両軸こそ
社説 インボイス問題 特例案は焼け石に水、最低でも延期を
社説 ニューノーマル対応の人材育成
社説 連鎖の若者トラブル、徹底排除を
社説 求められる独自性の創出
社説 なぜ進まない、「救済基金」の給付審査
社説 アフターコロナ対応のビジネス
社説 アムウェイ行政処分 会員逮捕、〝呼び水〟になったか
社説 現代型自宅ケアの提案
社説 破産法申請、背景に「経営統合」の不首尾
社説 普遍的な価値の提供こそ
社説 許されるのか、「電子化」口実の増員
社説 存在感増すリアルイベント
社説 異色の手法、特定利益の「ポイント払い」
社説 細分化する需要への対応を
社説 特商法の次期改正 警戒要する参入規制論
社説 サロンは新たなステップへ
社説 本末転倒、結論ありきの「紙」要件化
社説 デジタルからの誘導にカギ
社説 インボイス問題 業界に不利益のみ、再考を
社説 増えるニューノーマル対応化粧品
社説 書面の電子化 受領確認、ルール化の行方は
社説 ニューノーマルのサロン展開
社説 過量の具体要件、初公表の意図は
社説 増えるジェンダーレス製品
社説 争点化する「消費者通知=起算日」案
社説 アフターコロナ「次の一手」
社説 特商法の次期改正 不招請勧誘議論、再浮上の懸念
社説 需要見据えた一手を
社説 書面の電子化 本格論戦前に〝鍔迫り合い〟
社説 柔軟なビジネス環境こそ
社説 アンビット撤退決定 異例だが対岸の火事に非ず
社説 独自視点で差別化図れ
社説 特商法執行、コロナ禍で指導シフト
社説 人材育成もオンライン活用
社説 訪販協の「救済基金」、一刻も早く給付を
社説 多様化踏まえた体制を
社説 値上げの波、DS業界も苦慮
社説 リアルとデジタルの接続
社説 電磁的ク・オフ、受付体制の整備急げ
社説 コロナ禍で変化する顧客接点
社説 インボイスと価格交渉 指針か枷か、公取委「Q&A」
社説 化粧品
社説 成年年齢引き下げ 18~19歳の勧誘、各社は方針確認を
社説 先読みで需要掘り起こしを
社説 インボイスで憂慮、現場への打撃
社説 しなやかな需要対応こそ
社説 書面交付の電子化 代弁者不在、形勢不利の連鎖

2021

社説 次の時代のスタンダードは
社説 MLM会員特商法逮捕 開かれた消費者対応窓口を
社説 ニューノーマル対応の人材育成
社説 MLM会員特商法逮捕 検証と再発防止、急ぎ徹底を
社説 新たなチャンスの予感
社説 「狭き門」は不変、特商法の行政訴訟
社説 変化する化粧品のあり方
社説 仮想通貨商法、業界からシャットアウトを
社説 リアル・デジタルの両軸こそ
社説 訪販協、「概要書面」スルーの手落ち
社説 リアル・オンラインの相互活用
社説 成年年齢引き下げ 18~19歳の勧誘、業界は熟慮を
社説 リアルイベントの存在感
社説 アクアライン処分 お客様相談室の本分、再確認を
社説 加速する後半戦への施策
社説 相次ぐ連鎖処分、改めて規律正せ
社説 「プロ集団」の育成がカギ
社説 コロナ禍で明暗、予断も許さず
社説 苦境の中で生まれる新施策
社説 不招請勧誘議論、再燃に警戒を
社説 ニューノーマル時代の「見える化」
社説 給付引当額、ジャ社問題反映した計上を
社説 趨勢に合わせた柔軟施策を
社説 消費者委事務局長 「任命問題」、電子化議論の足かせに
社説 コロナ後見据えた商品開発こそ
社説 電子化審議 「蚊帳の外」だった訪販協
社説 「おうち美容」需要を追い風に
社説 もはやコント、電子化要件に「紙」の承諾
社説 地域密着の強み活かせ
社説 書面交付の電子化 法案可決も、なお前途多難
社説 柔軟施策で〝おうち需要〟取り込め
社説 訪販協の救済基金 肩代わり弁済、結論待ったなし
社説 「美白」にみる時代の変化
社説 書面交付の電子化 整合性欠く訪販協「意見書」
社説 パラダイムシフトへの対応こそ
社説 「禁止命令」強化、悪質業者の脅威に
社説 「女性活躍推進」の試金石
社説 根拠要請権の拡大、自縄自縛で見送り
社説 デジタル施策に活路
社説 アリックスの処分 組織分裂に発展、行政も関心か
社説 強み活かした関係性強化こそ
社説 イベントの中止・縮小、救済検討を
社説 社会変化への積極的な対応こそ
社説 書面交付の電子化 業界で交錯する「歓迎」と「困惑」
社説 つながり求めるニーズ汲み取れ
社説 油断招く〝外資系神話〟、排除を
社説 柔軟施策でニーズ汲み取れ
社説 予断許さず、業界のコロナ対処

2020

社説 コロナ禍での付加価値創出こそ
社説 連鎖の若年トラブル、徹底排除を
社説 対策講じて〝2度目の冬〟乗り切れ
社説 日本にも有言実行の自主規制組織を
社説 ニューノーマルのノウハウ構築こそ
社説 連鎖販売規制 年齢制限論、丁寧な議論を
社説 エビデンス重視の製品開発こそ
社説 特商法改正、自ら阻む〝黒塗り〟開示
社説 コロナ禍での危機管理体制こそ
社説 ジャ社事件 問われる訪販協の監視能力
社説 時代の変化への柔軟な対応こそ
社説 ジャ社事件 逃げ切り狙う消費者庁
社説 急激な社会変化への対応こそ
社説 弁明機会付与、反論は事実上困難
社説 日々変化するニーズを掴め
社説 MLMの経営統合 パラダイムシフト起こせるか
社説 ウィズコロナのサロン構築こそ
社説 コロナ下の公的支援、さらなる拡充を
社説 〝ウィズコロナ〟のビジネス構築を
社説 横流し問題に切り込むアムウェイ
社説 コロナ禍で打ち出す「次の一手」
社説 訪販協の救済基金 現況、ありのまま開示を
社説 変容するサロンビジネス
社説 社説 リモート型勧誘、法遵守怠るな
社説 独自の付加価値提案こそ
社説 販売預託商法規制 今こそ不作為疑惑の総括を
社説 コロナとの共生 事業のさらなる複合化こそ
社説 急務となるコロナ下の事業再構築
社説 DS化粧品 〝コロナとの共生〟打開策は
社説 立証責任の転換、慎重な議論を
社説 フレキシブルな活動こそ強み
社説 訪販協 会員から処分を出さない為に
社説 加速する業界のオンラインシフト
社説 販売組織の団結力を活かせ
社説 訪販協 会員の違法行為防止に体制整備を
社説 コロナ問題 政府の経済対策、待ったなし
社説 老舗の知恵に学ぶ
社説 特商法・預託法検討委 消費者庁は執行上の問題点示せ
社説 コロナ問題 丸投げの自粛要請は無責任
社説 動き始めた新ブランド戦略
社説 連鎖販売 勧誘は事実に基づき丁寧に
社説 預託法検討委 救済基金の仕組みも見直せ
社説 ブランドの強みを活かせ
社説 消費者志向自主宣言への取組みを
社説 〝訪販・連鎖悪玉論〟は目くらまし
社説 多様な付加価値の訴求こそ
社説 消費者庁は「天下り」問題と向き合え
社説 消費者庁、自浄できぬなら解体を

2019

社説 多様化時代のブランド戦略
社説 訪販協 問題相談の再発防止に本腰入れよ
社説 Cコイン問題 消費者庁は後始末つけよ
社説 ものづくりと教育を柱に
社説 訪販協「問題性あり」相談急増は要警戒
社説 救済基金の利用、特例で阻むな
社説 ハイブランドに見る新戦略
社説 連鎖販売 過剰在庫問題に本格的取組を
社説 FTCがア社提訴 在庫問題、国内業界も熟考を
社説 DS化粧品 ハイブランドで付加価値訴求
社説 教材トラブル 現状放置は市場の荒廃深める
社説 消費者庁は「天下り」問題と向き合え
社説 DS化粧品アジア市場への熱い視線
社説 教材トラブル 訪販協は厳正な是正指導を
社説 訪販、連鎖をスケープゴートにするな
社説 事業の「見える化」新たな取組み
社説 消費者庁 問われる特商法の執行力
社説 「モノなしマルチ」は業界外の異分子
社説 多様性ある組織で「核」育成
社説 消費者庁 ジャパンライフ事件の総括を
社説 オーナー商法問題 消費者委、待たれる打開策
社説 DS化粧品 ”自分らしさ”の提案こそ
社説 消費者委 ジャパンライフ事件を検証すべき
社説 JDSA登録制度 会員の声、仕組みに反映を
社説 DS化粧品 女性の共感得る施策こそ
社説 徳島オフィスの設置の是非こそ検証を
社説 救済基金、総会で現状の説明を
社説 地域に根ざしたブランド戦略
社説 連鎖販売の自主行動基準 改訂より実効性の確保を
社説 横流し問題、抜本対策の検討を
社説 会員が誇り持てる活動こそ
社説 訪販協は事業計画に数値目標を